>

> 【ポケモンGO】メダルとチャレンジ詳細まとめ!

【ポケモンGO】メダルとチャレンジ詳細まとめ!(23:00 更新)

5点(1)(5点)
このエントリーをはてなブックマークに追加






ポケモンGOのメダルとチャレンジの
詳細についてまとめてみました。
攻略の際などの参考にしてみてください。








■メダルチャレンジ

メダルは、メダルチャレンジという目標に到達した時に貰える称号で、プレイヤーのやり込み度が分かるものです。


uygt.jpg



チャレンジの種類はたくさんあり、プレイしていくうちに増えていきます。
増えるタイミングとして、はじめてほのおタイプをゲットしたなど、特定のタイプをはじめてゲットした時などです。

ほのおタイプだけでなく、ほぼ全てのタイプで用意されています。


タイプにより、それぞれの称号名があります。


ノーマルタイプはじゅくがえり、とりタイプはとりつかい、じめんタイプはいせきマニア、ほのおタイプはキャンプファイヤー、みずタイプはかいパンやろう、でんきタイプはでんきグループ、エスパータイプはサイキッカー、フェアリータイプはメルヘンしょうじょ…などの称号名になっています。


rtgdf.jpg



メダルには銅・銀・金のランクがあり、タイプ別ボケモンゲットで得るための条件は、それぞれ10匹ゲットで銅、50匹ゲットで銀、200匹ゲットで金にできます。


カウントは、ゲットしたことがあるポケモンでもカウントされるので、何回も同じポケモンをゲットしてもカ数えてくれます。

見つけたポケモンは、もし同じポケモンでもどんどん捕まえましょう。


距離の移動の名称はジョギングで、10キロで銅、100キロで銀、1000キロで金になります。


cdsc.jpg



よく外出する人はすぐに金に到達しそうですが、のんびりプレイの人は時間がかかりそうです。


ポケストップに立ち寄った回数の名称は、バックパッカーです。


cwcw.jpg



ポケストップに、100回立ち寄ると銅、1000回で銀、2000回で金になります。

図鑑に登録したポケモン数の名称はカントーで、これは今の時点で登場しているポケモンが、初代ポケモンの赤・緑・青の舞台であるカントー地方のポケモンだからだでしょう。


refa.jpg



登録数5匹で銅・50匹で銀・100匹で金になります。


この他にもたくさんの名称・称号が存在し、メダルはやり込んだ証になるので、図鑑のコンプリートだけでなく、称号集めにもチャレンジしてみましょう。











■まとめ

ポケモンを捕まえてそだてる以外にも、やりこめるので、
すぐに飽きるということはなさそうです。

プレイヤーによっては集まり具合も変わってきますが、
マイペースにできるのも良いところですね。

その他情報が判明次第、更新させていただきます。

5点(1)
Loading...Loading...

カテゴリ「メダル」の最新記事

カテゴリ「攻略」の最新記事

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加